新着メンズファッション2020

HERMES エルメス2020春夏コレクション
HERMES エルメス2020春夏コレクションHermès Men’s Spring 2020
Hermès Men’s Spring 2020

もくじ(目次)a table of conents

・ファッションを歴史と共に遡る 明治⇨大正⇨昭和⇨平成

・2020年メンズファッション トレンドは

・2020年以降のファッションを語る

2020年メンズファッション トレンドは

まもなく迎える2020年。洋服が日本に取り入れられ100年以上経ちますが歴史を遡れば、明治維新→大正ロマン→昭和45年以降(戦後)を駆け抜け

明治時代のファッション(日本)
大将時代のファッション(日本)

1950年には50年代フィフティーズファッション(ロカビリーやロッカーとアメリカの文化を100%刺激を受けた)

昭和25年頃の日本のファッション

60年代ロックやモッズとヨーロッパ(主にイギリス文化に影響を受け)

70年代はヒッピーや多種多才のファッションが花を咲かせ

太陽にほえろ 石原裕次郎と松田優作

80年代はDCブランド(コムデギャルソン ・ヨウジヤマモト等多くのデザイナーが誕生しました)がブームになり

藤井フミヤさんのマネが激増したチェッカーズブーム80年代ファッション

90年代はアメカジやグランジ、ファーマーズと時代を遡った「ミックスファッション」が街を賑わしてました。

90年代のファッションは間違いなく木村拓哉がカリスマ

私もこの時代に一番服を買い、服に情熱を注いだ時間を過ごした日々でした(私はアメカジではありませんでしたが・・・)

個人的にファッションが一番楽しかったのが90年代で日本の洋服業界がキラキラしていました。

2000年前後はトライベンティーやモードと近未来で破天荒なファッションがストリートを闊歩していました。

異次元な空気感は「独特」と「個性」溢れるファッション・・・。私はこの状況が理解出来ず、19歳から20歳にはマルタンマルジェラやコム・デ・ギャルソン、ドリスヴァンノッテン、ダークビッケンバーグとアントワープ卒業デザイナーの洋服を漁っていました・・・あっドルチェ&ガッバーナ(この時はホストやギャル男が着用する前)も着用しており、成人式はドルチェ&ガッバーナとドレッドヘアで注目を浴びました。

少し遡りますが1995〜2000年には「裏原系」も大流行しベイシングエイプ、グッドイナフ、ネイバーフット等のブランドも注目を浴びました。スタイリストの野口強や藤原ヒロシ、NIGO、小山田圭吾(コーネリアス)と言う人物もカリスマ化されブームになりました。

六本木ヒルズの屋上に倉庫を持っていたNIGO

2000年以降のメンズファッションが定まってない件

2000年以降、メンズファッションは多様化され流行と言うよりも方向性が明確に分かれ、その後ファストファッションがストリートを牛耳るようになって収束化(同じファッションをする人が爆発的に増えた)

2000年から2019年までファッションは多様化しそうな雰囲気がありましたが、大きくは3つ程度に分けられ

①ストリート系

②アウトドア系

③キレイめ

無難なスタイルが定番になり純粋にオシャレを楽しめなくなりました。

しかし2020年以降は時計にもAI(人工知能)が付きアパレルにもバッグやシャツにも搭載され始め、新しいレボリューション(革命)が期待されます。未来を見据えたコメントや提案、予測はしませんが、未来に期待する側の人間として「2020年以降残っていくアイテム」や「新しい定番になるアイテム」をご紹介していきます。

2020年メンズファッション トレンドは

結論:2020年以降、大きくファッションが変わる事はないと思います。

この課題は2000年の際(私がアパレル業界に入る前から検証していました)

2020年には東京オリンピック、フィンテック、AI、5G・・・世の中が変わろうとファッションって急激に変わる事は中々考えられません。

2000年に突入した際にファッションが急激に変化した(2000年のパリコレ、ミラノ等は様々な未来を予測して近代的かつ近未来的なファッションを提案しましたが失敗に終わりました)

日本も政権交代やリーマンショック、急激な円高も加速しムダが省かれ高級ブランド店が衰退し

世界的な不況にも突入、ユニクロをはじめとするファストファッションが世界的に頭角を表出します。

この頃からインターネットでの洋服の販売も飛躍的に伸び始め出しました。時期的には2002〜2011年です。

日本のアパレル商社もどんどん海外ライセンス(ブランド)を売却したり倒産したりと悲しい出来事がしばらく続いた時代でした。

流行やファッションは回り回ってくる周期があると言われ、その期間はおよそ30年と言われていますが2020年のトレンドアイテムは・・・恐らくすぐに新しいものは生まれず定番の

アウター

「モンクレールダウンジャケット」「カナダグースダウンジャケット」

トップス

「ストリートブランドorハイブランドorスポーツブランドのパーカー」

「ざっくりしたニット」

パンツ

「相変わらずスウェットパンツ」「スキニーパンツ」「スキニーデニム」

シューズ

「ナイキハイカットスニーカー」「ハイブランドのスニーカー」

これにファストファッションが絡む着こなしが2020年以降も続きます。

お手持ちのアイテムは今年、来年以降も大活躍してくれるでしょう。

2020年以降のファッションを語る

上記で2020年以降のファッションはそんなに変わらないと記載していますが、AIの発展と共に「着ているアイテムにAIが搭載」されたアイテムも増加してきました。

2020年以降、私たちの身近なアイテムにAIが搭載され始めます。次回はAIが搭載したアイテム(以前リュウスブログでもご紹介しています)をご紹介致します。未来のファッションについてご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です