箱根駅伝2020 ピンクのナイキ ヴェイパーフライ

箱根駅伝2020 最も着用者が多かったピンクのナイキ
トップランナーの8割以上が着用!!ナイキヴェイパーフライ
どの区間でもナイキベイパーフライが登場
アシンメトリーなナイキヴェイパーフライ

もくじ(目次)a table of conents

・箱根駅伝2020 ピンクのナイキ ヴェイパーフライとは

・誰にでも合うの?ナイキヴェイパーフライ

・ナイキヴェイパーフライ販売ショップ

箱根駅伝2020 ピンクのナイキ ヴェイパーフライとは

2020年1月2日・3日の箱根駅伝は歴史的な記録が生まれスポーツ界でも感動的な話題でした。そんな中で記録と共に話題をさらったのが「ピンクのナイキ」「ナイキ ヴェイパーフライ」の存在です。マラソン業界では3年以上前から注目され、アパレル業界からも話題にはなりましたが「ブーム」とまでは続かず存在だけは認識していました。

しかし今回の箱根駅伝で圧倒的着用者数と区間新記録と総合優勝を果たした青山学院のメンバーがこぞって履いていたナイキヴェイパーフライには熱視線になりました。アナウンスでも言われていた「ピンクのナイキ」や色違いのナイキヴェイパーフライについて少しお話ししたいと思います。

8割以上の選手が愛用したヴェイパーフライ

搭載された秘密兵器

シューズ全体に敷かれたカーボンファイバープレートがミルフィーユのような層になっています。このプレートの層が弾力を生み出しレースを突き進める事をサポートしています。

新しいヴェイパーフライのアッパー(表面)の素材は強靭で超軽量!更に非常に低い保水性と通気性を備えておりスーパーアスリートに適したスペックを果たしています。

速さのために開発されたミッドソール

前足部分に加えられたズームXフォームにより並外れたエネルギーリターンをもたらし安定性を増加させたてます。

ナイキ史上最速のランニングシューズ

世界のアスリートからも愛用者が多いナイキヴェイパーフライはこれから益々多くのアスリートを虜にしていく事でしょう。

これだけスペックの高いシューズは一流のアスリートしか履きこなせないのでは?と問い合わせがありましたが、メーカーはあっさり否定。どのような方にも履いて頂けます。そしてその良さ(本質)を実感して頂く事が出来ると・・・。ナイキが自信に満ち溢れたコメントをしていますので

実際、ナイキ ヴェイパーフライを着用していた人がどれだけ(先程8割と記載していますがリアルに計算すると)いるのかお話い致します。

2020年箱根駅伝 ヴェイパーフライ愛用選手

少し話はそれますが2018年東京マラソンで設楽選手が日本記録を更新した時に履いていたのがナイキ ヴェイパーフライでした。その時に言われていたのが「マラソン界の常識を覆した革命的シューズ」であったり「記録を伸ばす革命的シューズ」と言われ昨年の箱根駅伝(2019箱根駅伝)の区間賞選手70%がナイキの厚底シューズ(ヴェイパーフライ・ヴェイパーフライ以外・ヴェイパーズーム等)を履いていました。

2020年箱根駅伝に関しては84.3%の選手(参加選手210人に対して177人)がナイキのシューズを履いていました。まるでナイキ主催のイベントのような光景は思わずテレビを凝視してしました。

トップランナーの8割以上が着用!!ナイキヴェイパーフライ

誰にでも合うの?ナイキヴェイパーフライ

先程も触れましたが、このスニーカーは素人のマラソンランナーや市民ランナーや日常ジョギングしている人には合うのか?と言う声がありましたがメーカーは「むしろ履いてください」と回答。実際に駅伝選手以外にも(ここでは高校アスリートをご紹介)多く愛用しています。

ピンクのナイキ ヴェイパーフライだらけの陸上競技場
大会でもよく見たアシンメトリーのナイキ

走る癖をシューズが感じ取りより効率よく走れるように設計されています。ヴェイパーフライの価格は30,000円前後と高額ですが、ナイキではヴェイパーフライにも種類を用意しており10,000円台からトライ出来るシューズもご用意しています。

自分のスポーツシーンに合ったシューズを予算も含めて賢く購入してください。

ナイキヴェイパーフライ販売ショップ

現在は駅伝品切れ続き・・・中にはプレミア価格に・・・。すぐに欲しい人はその価格にしがみ付くしかありませんが、適正な価格やお得に購入する事をお勧めいたします。

2020年1月9日から予約販売開始

商品詳細・購入

アシンメトリーのヴェイパーフライ(プレミア価格)

箱根駅伝2020でピンクのナイキと同じくらい見たのがアシンメトリーのヴェイパーフライ。こちらはメーカー提供モデルなのか多くの選手が愛用していました。プレミア価格ですので欲しい人のみご覧ください。

商品詳細・購入

10,000円台で買えるナイキのランニングシューズ

ナイキズームフライはヴェイパーフライと兄弟。基本スペックや見た目も近くまずは市民ランナーや本格的な走りに近づきたい人にはピッタリです。価格も11,900円と購入しやすい価格も嬉しい限りです。

商品詳細・購入

ピンクのナイキ ズームフライ

ピンクのナイキ ナイキズームフライは基本スペックはヴェイパーフライと変わりなく11,779円と非常にお買い得です。見た目もスペックもほぼ同様であれば買わない以外の選択肢はありません。

商品詳細・購入

感動的な2020年箱根駅伝に感謝

今回は青山学院の圧倒的な強さを見せられた箱根駅伝でした。2位〜5位までの戦いも壮絶で、区間新記録がどんどん更新され、初シードを獲得した創価大学10区の走りにも大感動しました。

ファッションの角度からもアスリートを応援する側として今後も出来る事をしていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です