/22話 男の財布 スーパーブランドVSファクトリーブランド 続編

前回はスーパーブランドVSファクトリーブランドでスーパーブランドの財布を

ご紹介させて頂きました。前回の記事は→コチラ

今回も引き続き男の財布をご紹介致します。

受け継がれる伝統 ファクトリーブランド

ヨーロッパや日本で職人が手作業で作り続けるファクトリーブランド達

今回は1部になりますが、私が実際に使用したファクトリーブランドの財布を

いくつがご紹介したいと思います。

イギリスの伝統 ホワイトハウス

1875年 イングランドで誕生した馬具を作り財布やベルト、カバンを手がける。

画像を良く見てください。表面に白い粉が浮いているのがお分りなりますか?

こちらは「ロウ引き」されていてレザーの表面にワックスのようにロウが引かれ

てます。レザーは使い込むほどに馴染む「ブライドルレザー」を使用。

硬質ですが、使い込むほどに馴染みオンリーワンのアイテムとなってくれます。

私が使用していたのが20年前以上になりますが、どの形も使い勝手がよく

機能的にも申し分ありません。

カラーバリエーションも豊富ですので、色違いで使い分けてもオシャレな1品です。

最高峰ブランド ベルルッティ Berluti

1895年 フランスでシューズ製造ブランドとして誕生したブランドです。

ここ10年、日本でも多くのショップが(ベルルッティ正規店)誕生し

使っている人も増えてきました。

定番モデル「カリグラフィ」は1目見たら忘れないインパクトあるデザイン

皆様が認識しているより歴史あるブランドは、最高品質のレザーを使用し

機能性、ステイタス性もパーフェクトな1品です。

デメリットを挙げるなら「価格が高い」事です。

ラウンドファスナー(ラウンドジップ)で130000円前後のプライスは

ルイヴィトン級のハイプライスで、ファクトリー品と言うか

スーパーブランドに片足を突っ込んでいるブランドです。

スーツスタイルにも「映える」ラグジュアリーアイテムです。

使い込む程、手に馴染みますのでオススメ致します。

ココマイスター



ブライドルレザー ココマイスター
レギュラータイプ ココマイスター

ブランドコンセプトは「男の武器」として作られているココマイスター

下記URLがココマイスターのHPです。気になる方はご覧下さい。

↓↓↓(ココマイスターの全種類が見たい方はコチラ)

ココマイスター日本の文化を守り、世界各国の古き良き伝説を現代に蘇らす

レザーもコードバン(馬のお尻)ブライドルレザー等、産地にもこだわり抜き

コードバンはアメリカのホーウィン社(オールデンやレッドウイングもココ)を

経由し素材を仕入れています。

何と言っても熟練工の職人軍団を独自で抱え約100名の職人が丁寧に丁寧に

1つ1つハンドメイドで作った「作品」と言っても良いと思います。

素材、機能性はお墨付きです。

コチラもデメリット的に強いて言えば「価格が高い」になります。

しかし、手入れとキチンと日常使用していたら一生お付き合い出来る1品です。

ココマイスターはバッグや革小物も充実していますので

是非1度、専門店で手に取って頂いてからオンラインショップ等で

上手にお買い物してください。

大注目!!今、2つ折り財布に熱視線!

ここしばらくの定番は「長財布」が人気定番でした。

あとで記事にしますが長財布は「お金が貯まる」とか「経営者が多く使ってる」

など、聞いた事があると思います。

しかし去年あたりから「2つ折り財布」にかなり視線が集まっています。

考えられる理由として「電子マネー」や「カード決済」が主流化し

その流れから「ウォレットレス」←私が勝手に作った名称です(笑)

が増加し財布の大きさも車の排気量と同じで「ダウンサイジング」されてます。

今までブランドショップでも動きの鈍かったパスケースや小さい革小物も

キャッシュレス社会では新しいブームを作ってくれると思います。

ここでは近年ブレイクしている2つ折り財布をいくつか画像を中心に

お伝えしたいと思います。

Mede in Italy グッチ GUCCI

巷で本当によく見るようになりました。

雑誌やネットショップでも多く掲載されています。

少し小ぶりな感じと見た目以上に機能的なのが嬉しいです。

ファッション性も高く注目度も◎

ライバルとの差を付けるのにもぴったりの1品ですね。

もはや人気定番 バレンシアガ BALENCIAGA

前回も記事にしましたが、近年このブランドの人気は急上昇!!

どのアイテムも人気完売していきます。

この2つ折り財布も在庫が少なく完売必須アイテムです。

どこのサイトでも店頭でも構いませんのでお探しの方は見つけたら

即、購入をオススメ致します。見逃してしまうと売り切れになっている

可能性が「大」です。

洗練されたデザイン ディオールオム Dior Homme

天才デザイナー「エディースリマン」が手掛け爆発的人気になった

ディオールオム Dior Homme

派手な事をしてもしっかりまとめてくる洗練されたデザインと

他を邪魔しない控えめな存在感が逆に高感度を上げてくれます。

男女ウケも良くアクセント使いにもオススメ致します。

おつまみ(お酒のアテ)

上記記事で少しだけ触れましたが、財布のうんちくってありますよね。

有名な財布のアレコレを少しだけ記事にしますのでお酒でも飲みながら

ご覧下さい。

縁起の良い財布は?

私が風水に詳しい訳ではありませんが、今回は風水目線でお話いたします。

財布の寿命は「1000日」だそうです。およそ3年弱

しかし使用頻度「汚れや劣化」によって傷んできたら交換をオススメします。

財布の色は?

赤はNG・・・お金を燃やす色らしいですが私は赤を使っています(笑)

青もNG・・・水の色はお金を流すらしいです・・・本当かな?

緑はOK・・・有名な占い師 ゲッターズ飯田さん一押しのカラーです。緑自体に大きな金運を呼び込む力はないみたいですが着実に全ての運が伸びるそうです。多分、財布を緑にしなくても着ているものや身に着けるモノに緑があれば良いと言う事なのだと思います。

黄色が最高・・・金運の効果が抜群だそうです。多くの有名人やお金持ちが黄色の財布を持っているシーンをテレビなどで見ます。ただし、お金の出入りも激しくなるみたいなのでお気をつけ下さい(気をつけ方がかわかりませんが(笑))

茶色もOK・・・茶色は土の属性らしく「金を生む・金を育てる」属性があるそうです。信憑性があるかどうかはさておき、風水の中では茶色はOK

グレーもOK・・・言っていることが小学生みたいな話になりますがグレーは黒と白の中間色なので黒はお金を守る効果。支出をしっかりと抑えてくれるそうで白は浄化の色で清算の白と言われているそうです。

ピンクは玉の輿カラーだそうです。

その他、ベージュやパープル(紫)も金運には良いとされています。

いかがでしたか?

ブランド、デザイン、カラーと様々なシーンがありますので

自分にあった長く愛せるモノを是非、見定めてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です