27話 世界一高いデニムは世界最古だった

世界最古のリーバイス
モデル名 XX.c1879
サンフランシスコ社のダウニーさんとリーバイ・ストラウスジャパン社長 齋藤さん

世界で一番高いデニムは世界で一番古い

2011年渋谷に3本のデニムが展示されました。

アメリカのリーバイス本社で保管されていた「世界最古のデニム」

①「XX c.1879」

②「NEVADA 1880s」

③「BARNYARD c.1890 501XX」

①世界最古のデニム「XX c.1879」

一番上の「XX c.1879」は501以前のモデルで農家をされる方の

オーバーオールの上から穿かれていたものです。

ポケットが片ポケット、サスペンダーボタン、レザーパッチと

ヴィンテージファンなら嬉しいディテールばかりですね!

やや太めに作られた太もも部分はオーバーオールの上から穿くので

太めに作られたのだとダウニーさんがお話しされていました。

価格は2011年時点で15万ドルと言われ現在レート(2019年6月)

1,600万円以上の価格となります。

9オンスと今ではライトオンスに感じられますが、当時の技術で

9オンスを織る事はとても大変な作業だったと思われます。

②「NEVADA 1880s」

1990年にネバダ州の炭坑で発見されたそうです。

ディテールから推測して1880年代のモデルと推定されています。

植物インディゴで染められリベットが使われています。

色落ちが独特でカッコイイデニムです。

③「BARNYARD c.1890 501XX」

世界最古のリーバイス501XXです。

ロットナンバーが採用され、上記モデル同様9オンスデニムです。

セルビッチやレザーパッチのツーホースロゴもこの時期に採用され

クロッチリベット、シンチバック、サスペンダーボタンがが主な

ディテールです。マニアにはたまらない1本ですね!

生産時期は1890年〜1901年の間にサンフランシスコで製造。

穿く人はいないけど、存在感抜群の1本です。

メイドインジャパン 魂のデニムたち

リーバイスからインスピレーションを受けたデニムメーカーは

たくさんあります。日本も同様、作業着だったジーンズを

ファッション化させ、多くの若者から支持を得てきました。

時代が変われどデニム文化は未だ健在です。

知る人も多いお話しですが岡山県倉敷市「児島 こじま」という

場所があります。

「児島デニムストリート」と名ずけられた街はとにかく「デニム」

タクシーのカラーリングから自動販売機まで「インディゴカラー」

デニムプリントされた自動販売機
デニムプリントされた電気タクシー
名物 インディゴタクシー

街並みがキレイ 観光スポット 児島

児島ジーンズストリートを歩くと「デニム」「デニム」「デニム」

何処を歩いてもデニムですよね!

これを売り出した理由がわかりませんがデニムソフトという奇妙な

スイーツまで誕生しました!!

デニムソフト
デニムバーガー

観光やインスタ「映え」を狙ってくる方も多くデニムだけではなく

少し行くとロケーションもキレイな海辺になりますので

旅行で選んでも楽しい場所だと思います。

瀬戸大橋も眺めれます
小さな離島が連なる

余談ですが、吉本興業のお笑い「千鳥」の大悟さんも

この島のいづれかがご実家になります!

話を戻しでジャパンデニムに!

ジーンズのお話から観光に脱線しそうでしたので

メイドインジャパンジーンズのご紹介を致します。

認知度No.1 桃太郎ジーンズ MOMOTAROU

セルビッチやヘビーオンスのインディゴ仕様とデニムに必要な

ディテールは全て兼ね備えております。

ここの特徴は有名デニム「えびすジーンズ」同様

バックポケットの「ペンキ」がポイントです。

後ろから見たらすぐ「桃太郎ジーンズ」と分かるディテールです。

2006年に誕生して店舗は10店舗以上の児島最大デニムブランド

穿いていくと・・・

画像:桃太郎ジーンズWEBサイト

こんな雰囲気になります。

唯一無二のデニムをお探しください。

桃太郎デニムを楽天で見る

↓↓↓

桃太郎デニム公式サイトは→桃太郎デニム

児島ジーンズ KOJIMA GEANS

ヴィンテージディテールは完璧です。

桃太郎と二分して人気の高い「児島ジーンズ」

ヒゲやアタリ具合がシブい1本です。育てるのが楽しいデニム!

価格やバリエーションも豊富ですので気分やスタイルで幅広い

コーディネートのお役に立ちます。

児島ジーンズを楽天で見る

↓↓↓

児島ジーンズの公式サイト→児島ジーンズ

児島最古のデニムショップ ビッグジョン

洋服を好きな方なら1度は聞いた事ある名前「ビッグジョン」

ビッグジョンは比較的リーズナブルな価格帯なのですが

上記のキャントンジーンズ(1965年頃の復刻)は

日本製最古のジーンズなのです!

復刻デニムのお値段なんと

100,000円!!

とんでもない価格ですね!

更にウォッシュ加工を世界で初めて行ったのも「ビッグジョン」です。

デニムを本気で知りたい方は1度ビッグジョンを見てください。

日本で一番古いデニム!歴史背景もファッションと共に

学んで頂ければと思います。

ビッグジョンを楽天で見る

↓↓↓


ビッグジョンの公式サイト→ビッグジョン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です