BTS事務所 BIG HIT ビッグヒット株価下落

もくじ

・上場を果たしたビッグヒット、BTSの道のり

・上場初値

・株価暴落

上場を果たしたBIGHIT ビッグヒット、BTSの道のり

日本のニュースでも連日話題の韓国人気グループ「BTS 防弾少年団」

ビルボードチャート1位に輝くなど近年は世界で最も注目されている男性グループです。

韓国や日本以外でもその人気は高く欧米でも高い支持のあるグループBTSですが、その母体となる事務所

「ビッグヒット BIGHIT」は韓国でも小さな小さな芸能事務所だった事はあまり知られていません。

ここではビッグヒットとBTSの輝かしい現在ではなく、スタート時のお話を少しだけご紹介致します。

ファンなら知っているメンバーの苦労時代などもご紹介していきます。

BIGHIT誕生

パンシヒョクが2005年設立した会社です。

パンシヒョクは日本の情報番組「スッキリ」でお馴染みのJYP JYパークさん(二ジュープロジェクト)の元で下積みをし

独立を果たしました。

ソウル大学出身のエリートで家系もエリートのようです。

独立後に彼が手がけたグループが防弾少年団事BTS。2013年6月にデビュー

パンシヒョクはイギリスの伝説バンド「デュランデュラン」より音楽の多大なる影響を受けておりBTSにもその名残を継承されている

曲がいくつもあります。

BTSはジン・シュガ・JーHOPE・RM(ラップモンスター)・ジミン・V・ジョンググの7人で構成されており

卓越したキレのあるダンスと歌唱力の高いボーカル、甘いルックスが世界中のファンを魅了しています。

JYPの元を離れ2006年に独立を果たしたパンシヒョクが2013年に防弾少年団 BTSをデビューさせるのに7年の歳月が経過していますが

7年間の下積み時代、苦労時代を少しだけ調べてみました。

防弾少年団 BTSが2013年デビューまでの道のり

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です