シュプリームをノースフェイスやバンズの親会社が買収

ルイヴィトンコラボ。。。知らない人も多いかもしれませんがシュプリームは80年代後半から90年代にかけて

フューチャーされたブランド。

長期にわたって人気を上昇トレンドにしたシュプリームがわずか2200億円(日本円レート)でバンズに買収されて

しまった。

シュプリーム側の意見としては「見事な損切り」だと思います。

シュプリームの株価を見るまでもなく、バイアウトするには「時」が大切

その時を悟ったかのような今回のバイアウトは、私個人としては称賛したい。

2200億円の使い道なんてわかりませんが、全てを相殺しても多額の資金は残るはずなので

またムーブメントを起こすブランドの起点を是非作って頂きたい。

「カリスマは再びカリスマを生める」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です